交際クラブ情報メディア [ 東京ARRIVAL ]|現在の業界事情

現在の業界事情

交際クラブ業界を知る上で非常に重要なことは、ここまでの業界の沿革です。
まずは、5年前までの状況を把握しましょう。

5年前の業界は、ただただ質の高い交際クラブが優位でした。
これに関しては大きな理由があります。

ウェブサイトが一般に普及をしてきた時代であったせいもあり、
まずは店舗ホームページがしっかりと完成されていた店舗でなければ選ばれない傾向がありました。

また、しっかりとホームページが完成されている店舗に関しては、
セキュリティ面も徹底されており、https化などの情報管理の信頼性も高かったです。

多くの店舗が、まずはそれらの完成された大手店舗のウェブサイト事情を真似るなか、
世の中の流れは著しく、スマートフォンの普及が目立ちました。

すると、今度は一転してスマホサイトがなければしっかりしたサイトではないという価値観が生まれました。

時代のニーズに適したウェブサイトがなければならないことは必然です。
後発の店舗は更にスマホサイトの作成も強いられることになっていきました。

このように、『 店舗の質 = サイト(表向きの雰囲気) 』によって、
その店舗ごとの価値観が決定的な物となっていました。

つまり、高級志向の店舗は店舗運営の資金も潤沢であると予想される影響もあり、
高級志向の店舗の情報が多く露出して有利な状態であったことでしょう。

昨今では、ウェブサイトを作ることも以前の時代よりも割りと気軽になってきています。
それらの影響もあり、単にウェブサイトを作りたいといった状況であっても、
一昔前よりも断然に良いもの安く早くが出来上がる状態となり、
店舗ごとの露出面の違いは少ないものとなっていきました。

ここからが本題です。

近年、より多くの店舗が目立つようになり、一部の店舗の独占状態が薄れてきています。
そこで際立って見だってきた違いが、店舗ごとの価格設定です。

これまでは、信頼性があると考えられてきた老舗高級志向の店舗だけが目立つ状況ではなくなってきた為、選択肢が増えた中で如何に利便性の高い店舗サービスを選ぶことが出来るかといった状況に変異してきました。

今まで家電量販店でしか購入する選択肢がなかった家電などのものが、通販サイトなどで買えるようになり、店舗型経営のお店は痛手を負ったのとニている気がします。

そうです、情報が多くなる分で比較する対象が増え『値段』や『料金』の比較が容易となってきたのです。

ですので、ただただ目立っていただけの老舗店は過去のものとなってきており、
より多く存在する、中級・低級の料金体系の安い交際クラブが目立ってきたのです。

それだけで、利用者男性の多くは『安い所が良いと』いう動きととなってきているのです。

これが、2017年現在の業界の動きであると考えられるでしょう。

プレミアム

プレミアム


 ROYAL

ROYAL


交際クラブ パパ活 LABO

交際クラブ パパ活 LABO


VODKA デリヘル情報サイト

VODKA デリヘル情報サイト


交際クラブ[銀座のウワサ]

交際クラブ[銀座のウワサ]